人気記事ランキング

タグ一覧

catch-img

相手が迷わないディレクション

先日、【ざんねんな上司図鑑】という資料配布の広告をInstagramで見かけ、
タイトルが気になってダウンロードしました。
中身は、ざんねんな上司→できる上司という見せ方で
それぞれのポイントが簡潔にまとめられていました。

上司が部下をディレクションするという目線でつくられたものですが、
私は社内外に対してディレクションすることがあるので
自分の仕事にも参考になるな~と思いながら読みました。

例えばNG例で「ふわっとした頼み方をしてしまう」というのが挙げられていました。
具体的には「いい感じに仕上げといて~」という頼み方。
ここまでは流石に・・・と思いましたが、
過去を振り返ってみると外部デザイナーさんに対して
「可愛くおしゃれな感じに作ってください」と依頼したことも。。。
可愛い、おしゃれって人の好みに左右される抽象的なものなので、
もう少し自分の中のイメージを共有すると
デザイナーさんが初動に時間を割かずに
クオリティを上げる部分で時間を使えたな~と今更ながら反省。

ざんねんな上司図鑑いわく、依頼する時は「完全結果」で示す事が大切だとか。
完全結果とは、いつまでに、どういった形式で出してくださいという
誰に頼んでも求めた期日までにこちらが欲しい情報がくる状態をつくる示し方。
求めたものが出てこない!って時は、こちらの依頼の仕方が悪いんですね。
確かにそうかも。。。

ディレクションに長年たずさわっていますが、
その人のチカラを発揮してもらいながら自分が求めるものをだしてもらうって
やっぱり難しいし、奥が深いし、面白いな~と思っています。
自分1人ではつくりだせないものが創れる、
その達成感と面白みを求めてこれからも仕事してきたいと改めて感じました。

F.S