catch-img

会員制の人命救助システム

私は登山を趣味としてまして、
何らかの備えの為に、登山保険に加入しております。

先日、「ココヘリ」というサービスに新しく加入しました。
会員制の人命救助システムという、新たな発想から
生まれたこのサービスを、ご紹介します。


ココヘリのサービスは、「捜査活動」に特化し、人命救助の
タイムリミットと言われる72時間の壁を打ち破るサービスで、
民間の捜索ヘリで会員証(発信機)を探索し、警察・消防などの
救助組織への救助要請、位置情報連絡、救出されるまでの救助物資の
提供を行います。

さらに提携しているオンライン登山届け「コンパス」を併用する
ことで、自分で外部に遭難を伝えられない状況でも
ご家族や知人に通知・警告が届き、救助活動をスタートさせる
ことが可能となります。

機器は約1ヶ月間は充電なしで使用できる電池寿命、最大1km
使用環境による)の電波飛距離。さらに、GPSBluetoothでは
実現できなかったピンポイント捜索が可能です。

仮に遭難や事故に遭ってしまい、捜索活動も虚しく、行方不明の
まま発見されなかった時、私は法的に「失踪者」扱いとなり、
「失踪者」の「死亡認定」には7年を要します。
当然、残された家族が生命保険を受け取れるのは7年後。しかも
生きている前提で毎月の保険料は払い続ける必要があります。
住宅ローンの免除も適応されません。

ココヘリなら、そのようなリスクも回避できる可能性が高いことも
あり、このサービスの加入を決めました。

近年では自然災害などが多いので、登山以外の分野でも、
活躍していけるサービスではないでしょうか。

M.R