気持ちを切り替える

先日kさんから、小山薫堂さんの著書「もったいない主義」
をお借りしました。

『心の持ち方を変えることで見えていなかった価値に気づく。
気づけないのはもったいない』
『失敗してクヨクヨしたり、うまくいかないと悔しくて誰かの
せいにしたくなったり、そういうことはよくあることだけど、
それにエネルギーを費やすのはもったいない。』
と、いう一節を読んだ日、乗りたかった電車に間に合わない
ということがありました。

乗り遅れた時は少々落ち込んだけれど、その後乗った電車は
空いており息子と並んで座れたので、久しぶりにゆっくり会話
することができて、読んだ一節を思い出しました。

また、買い物先で目当ての品が売り切れていてがっかりしましたが、
冷静に考えるとその品に対する熱が冷めたので、「売り切れていて
かえってラッキーだったかも」と気持ちが切り替わりました。

いつもの自分なら「ついてない日」と思ったかもしれません。
でも、意識的に気持ちを切り替えたことで、一日幸せな気分を
味わえました。

こんな風に、気持ちの切り替えをいつでもできるようになりたいと
思える一日の出来事でした。


H.M