総合力での評価

昨年末、自宅のエアコンが壊れたため
管理会社に連絡をしました。

後日、修理業者の方から直接連絡が来たのですが、
修理は年明けになるとのことでした。
年明けまで待てないため改めて管理会社に連絡したところ
別の業者の方を手配してくださったので、
年内に修理していただけました。
また、最近リコール問題になった
某電機メーカーの洗濯機を我が家でも使用していたので、
コールセンターに連絡をする機会がありました。
しかし折り返し連絡をすると言われたにもかかわらず
連絡が無かったりとなかなか対応していただけず、
最終的に対応サービスセンターの方が自宅に来たのは、
最初の連絡から2ヶ月も経ってからでした。
対応の遅さに思うところはありましたが、
自宅に来てくれた修理担当者の方に
細かいところまで気を配ってくださるなど
真摯な対応をしていただけたことで
最終的な対応には満足しました。
この2件の出来事を通じて思ったのは、
会社というのは総合力で最終的に評価されるということです。
起こってしまったミスやトラブルも、
サービスの気持ちや問題を解決するために
努める気持ちがあれば払拭できるのだと身をもって感じました。

k.y