買い物を助ける店頭ツール

小学3年生の息子が最近少年野球を始めたので、
必要な道具を揃えるために
スポーツ用品店を何軒か見て回りました。

私も昔は野球をやっていたのですが、
その頃よりメーカー数も道具の種類も増えていて、
数多くある商品の中から欲しい物を選び出すのが
難しいという印象を受けました。
商品選びを難しくしていたのは
店頭にツール類がほとんど付いていないということも
理由としてありました。
そのため、どのような素材を使った道具なのか、
どんな機能があるのかがまったく分からないため、
最終的には店員さんに聞いて購入しました。
今回の買い物を通じて、消費者が商品機能や
使用素材を理解できるツールが店頭にあることで、
いかに商品を選びやすくなるかということを実感しました。
お客様へ提案する際には、
どんなツールがあると商品を理解されるか、
購入に結び付くか、消費者の立場で考えた上で
提案することがやはり重要なのだと改めて気づきました。 t.k