見方を変えるとそばにあるもの

先日アップルストアで、マッキントッシュ用のマイティーマウスを見ました。

初めて見たときは、カタチが近未来的!コードがない!など驚きました。
特に驚いたのは、スクロールを動かすスクロールボールがなくなっていて、

マウスの背中の表面をなでるだけでスクロールが動くというものでした。

すごく新しいとその時感じました。
しかし、よくよく考えたら実はノートパソコンのタッチパットと同じ性能でした。

新しいアイデアは実はそばにあるものなんだと感じ、
アイデアを考える上で、いろいろな見方・発想をかえていかなければと思いました。

s.r