家電芸人に負けない人柄

年末年始、家電量販やスポーツショップへ行く機会、買い物する機会があって、 数店に来店したのですが、こちらはこちらで結構、知識や情報を持って来店、 店員さんにも質問したのですが、ある家電量販の店員さんは 「もし答えられなければ別の人間を呼びますから(笑)、 とりあえず、どういったことでしょう?」なんて、ジョーク交じりに 言いながら、ちゃんとこちらが求めている情報をくれたり、 スポーツショップでも、かなり機能面の説明をしつつ、商品というよりはそのスポーツの 楽しみ方や情報提供をしてくれたりしていました。 どちらも規模は中堅の専門量販店でしたが。
巷では家電芸人なる存在があったり、セミプロ並みにスポーツメーカーの広告塔になる タレントがいたりで、生半可な知識や接客では店員さんも知らないことを知っているお客さんを 相手にしなくてはならなかったりするので、大変なんだなーと思っておりました。
そしてやっぱり、ネットの情報だけでなく実際の商品を見たい(色やサイズ?)、 実際のお店で買いたい(信頼?)、他の情報も知りたいというお客さんにとっては、 もちろん価格プラスになるとは思いますが、こういった有益な情報を与えてくれたり、
買って使う、遊ぶことへの動機づけや、楽しみを提供してくれるお店、 一生懸命な人柄が感じられるお店から買いたいな~と今も思うのでは、と強く感じたりもしました。
特にどこの量販店もそんなに違いがない今、そのお店ならではの個性というか、 違いが結構大切になってきていると思っていた私には、そう強く感じられたんですが。
(これは結構いろんな業界にあてはまることだと思うんですよね。私たちにも。)
私たちの仕事も、広く深い知識や情報の提供はもちろんですが、 もっと純粋にそれが好きかどうか、良いかどうかをちゃんと伝えられる人柄の提供、 個性の提供を求められる時代、それによって差や違いが出る時代に 入っているんではないかな~と最近私思っています。
k.y