自信過剰は怪我の元

先日、腰を悪くしたことで、改めて実感したことがあります。 “自分は大丈夫”などといったような自信。 多くの場面では、これが最後の後押しなど、
自己の励みや強みになったりするでしょう。
良いと思います。
ただ、それが自己過信というものになった場合、
とても危険なことに繋がり兼ねない、ということです。 仕事などでも
「以前こうだったから大丈夫だろう。」
といった姿勢や作業。
ときには立ち止まって改めて見返すことも
必要だなあ、と感じました。 o.a