ピンチがチャンス

吉野家の特集をテレビで見た。
牛肉の輸入の問題で、定番メニューの牛丼が提供できないようになった時のこと。 それまであまり日の目を浴びることのなかった商品開発部門が
注目されるようになったというもので、
その時、商品開発の担当者はチャンスが来たという思いだったそうだ。 ピンチをチャンスと思えることの大切さを感じた。 k.h