catch-img

新国立競技場のデザイン問題について


最近ニュースで、新国立競技場の印象的なデザインによる、
巨額な総工費と工期の問題が取り上げられています。
色々な思惑が入り交じり、問題が複雑化している気がします。
また、日本の歴史や神宮外苑の街並みとの親和性の薄さや、
国際陸上大会における規格を満たしていないといったところは、
オリンピック後も問題になるかと思います。
ですが元々採用されていたイラク出身の女性デザイナー
ザハ・ハディド氏のデザイン案は、個人的に大好きです。
以前、新国立競技場のプレゼンテーションの動画を観ましたが
とても素晴らしかっただけに、今回のことは大変残念です。
やはり新国立競技場はオリンピック誘致のための目玉であり、
コンペを勝ち取るためのデザインと
実際の都市計画の一部として考えたデザインとでは
違うということを感じました。
ザハ・ハディド氏の建築デザインは日本にまだ無いそうですが、
彼女が手掛けた店舗デザインが青山にあり、斬新な空間や什器を
見ることができるそうです。

y.t