年賀状で感じる“温故知新”



師走になり、皆さんも年賀状の準備を
進めていらっしゃるかと思います。
先日テレビで、最近話題になっている
年賀状について紹介をしていました。
それは、スマートフォンのアプリを利用したもので、
動画と静止画を撮影して制作するそうです。
制作された年賀状にはAR機能が付いていて、
デザイン部分にカメラをかざすと動画が再生される
という仕組みだそうです。
また、近頃は普段からLINE等で
連絡を取り合っているため、
年賀状を送ろうとしても住所がわからない
という方へ向けたサービスも
充実してきているようでした。
昔から続く文化と新しい技術を掛け合わせる
リアルとインターネットを融合させた話題を聞いて、
まさに「温故知新」という言葉が
当てはまるのではないのかと感じました。

k.a