相手の心を汲むために



先日ある方とWebの仕事を進める上で
難しいことについて話をする機会がありました。 その方曰く、Webの仕事に携わっている方には
コミュニケーション力があまりない人が多いからか
長く付き合うのが難しい場合があると話していました。
それを聞いたときに、以前クライアントからいただいた
以下のメールを思い出しました。
「まだこの社会はパソコンやロボットではなく
感情を持ち合わせる人間が物を考え、
作り、描き、売り、買い、使う時代が続くと思います。
だからこそ、人の心や感情を汲んでくださる
御社(人格者の皆さん)に期待しています。」
企画力やクリエイティブ力、コストなど
色々な部分で他社と戦っていかなければならない中で、
クライアントからこのような言葉を
いただけることに感謝をしつつ、
クライアントと長くお付き合いさせていただくための努力を
引き続き行わなければならないと思いました。

h.s