駐輪場で学んだこと

毎日、自宅から最寄り駅まで自転車で通っています。
駅前の駐輪場を利用しているのですが、
係員の方はいつも気持ちよく見送ってくれます。

私は駐輪場に自転車を停めると
すぐ駅に向かいますが、
係員の方はその僅かな間に
恐らく私の表情や様子を見た上で
接してくださっているのを感じます。
例えば、急いでいる時は
声はかけず手を振るだけにしたり、
少し余裕がありそうだと見てとれた時は、
そばまで来て話しかけてくれます。
大勢の利用者の対応をしているので
係員の方もきっと忙しい時間帯なはずですが、
顔を合せるといつも嬉しそうな表情で
心地よく接してくれます。
そのことで毎日気持ちが
少し上向きになれているように思えて
本当に感謝しています。
そして、人との接し方において大事なのは、
接する時間の長さではなく、
相手の立場や気持ちを察する力だと
教えてもらっている気がします。
私たちの仕事も人と接することが
ベースになっています。
だからこそ、相手とどのように
気持ちを通じ合わせるか、
もっと真剣に考えようと思いました。 h.s