ヒントは消費者の声にアリ

最近、店頭情報収集の目的もあるため
売場を見て回る機会が増えました。
そこで、売場や商品だけでなく、
その場にいるお客様の行動や言動によって
気づかされることも多々あります。

例えば最近では
頻繁に「試してみたい」という言葉を耳にします。
すでに馴染みのある商品や繰り返し購入する商品は、
インターネットを通じての購入が
ますます増えてくるはずです。
この傾向によって、新製品ローンチ時において
売場でお客様へプレゼンテーションすることの意味合いが
ますます重要になるのではないでしょうか。
どのようなツールを活用し、
どういった方法で「試してみたい」と思わせるか。
私たちの仕事にとってヒントとも言うべき消費者心理を
より一層強く意識することの大事さを感じました。
y.t