大切なデータの扱いについて

仕事上、様々なデータを取り扱う機会がありますが、
最近はブロードバンド回線が整備されたおかげで
データの扱いがとても便利になりました。
例えば、メールに添付できない
大容量データを送る際に利用する
データ転送サービスなどは、
普段の仕事を進める上で大変役立っています。

しかし、コンピュータ間でデータの共有や同期ができる
オンラインストレージサービスを利用する場合、
このサービスのおかげで、お客様やスタッフとの
データ確認も円滑に進みますが、
取り扱いには注意を払う必要があります。 メールひとつで様々なやり取りができるようになり
便利にはなりましたが、その分重要な情報を扱う際は
十二分に注意をしなければなりません。
むやみにデータの送信・転送をしない、
紙出力はシュレッダーにかけて処分するなど、
手軽に情報のやり取りができる環境だからこそ 常にセキュリティの重要性について
自分自身で認識しなければならないと 改めて思いました。
m.r