原点に立ち返る

先週お休みをいただき
マレーシア旅行へ行ってきました。
首都のクアラルンプールから
約100kmほど離れた場所へ飛行機で約4時間、
車で約1時間くらいかけて移動したのですが、
その道中は畑が広がり
店や民家がほとんどありませんでした。

露店が何店か並んでいて、
そこでは果物やペットボトルに入れた
ガソリンなどを売っていました。
もちろん生活に必要なものなので
現地の方々が購入するのだとは思いますが、
購買意欲を誘うとは言い難い光景で、
これらはどのような買われ方をするのだろうか、
本当に買う人はいるのだろうかと
不思議に思ってしまいました。
私たちは、物を買ってもらうために
どうしたらよいかを考える
お手伝いを仕事としています。
買う人の立場に立って、
きちんと商品が売れるには
どうしたら良いかを考えて提案しているか、
お客様から言われたことだけを
やるという状態になっていないか…
物が潤沢とは言えない地域を旅したことで
この仕事の原点を見直す
良いきっかけになりました。 k.a