改めて問われるモラルの大切さ

先日、「食べログ」の評価について
やらせ業者の問題が各メディアで話題になりました。
これはいわゆる口コミPR・プロモーションといった
サービス事業の分類に入りますが、
評価サイトの信頼性云々という話はさておいて、
このサービスを提供している側と実施した店舗の
モラルの問題もひとえにあったのではないかと思います。
我々も、WEBを含めた
口コミプロモーションの提案機会が多くあります。
弊社は独自のサービスを開発することは
あまりありませんが、
専門会社から新しいサービスの紹介を受け、
プロモーションツールの1つとして
クライアントに提案することがあります。
このような場合などで何気なく無自覚でいると、
時としてモラルに反したサービスを
提供してしまう可能性も
無いとは言えないのではないかと
ニュースを観ていて思いました。
WEBにおけるサービスの複雑化も相まって
新しいサービスなどがどんどん出てきています。
知識を身につけることはもちろん必要ですが、
それと同時に、人の気持ちを扱う仕事をしているからこそ
モラルの問題というのも日常的に意識しなくてはならないと
今回のニュースで気づかされました。
k.t