知りたい情報はどこへ!?

先日、送られてきたクレジットカード会員向けDMの中に
ある美容室のフライヤーが入っていました。


よく見てみると、書かれているのは
お店の名前やディスカウント情報くらいで、
「どこに店舗があるのか?」「チェーン店なのか?」など
知りたい情報がほとんど書かれていませんでした。
もしかしたら制作過程で
クライアントの指示によって省くことになったり、
ただ入れ忘れてしまっただけなのかもしれません。
何はどうあれ、この美容室を知らない人もいるはずなのに
あまりにも必要な情報の記載が無さ過ぎて
驚いてしまいました。


私たちはエンドユーザーにとって必要な情報を
伝える一翼を担っています。
どのようなツールを作るにしても、
制作の過程で、なにが必要でどう伝えるべきかを
クライアントとともに考えながら、
ユーザーにしっかり届くものを
作っていきたいと改めて思いました。

s.f