常に先を見据えた動きを

漫才日本一を決めるM-1グランプリ。
10年目の今年が最後の大会となりました。

小学生のときにM-1を観て漫才師を志し、
決勝進出を果たしたコンビもあるほど。

そんなM-1グランプリというコンテンツを終わらせてしまうのは、
もったいないなと思っていましたが、今大会を観て、なんとなく
理由がわかった気がします。


笑いの多様化、もっと言えば、「漫才」の定義についてまで、
現状のM-1のルールや審査基準が当てはまらなくなってきていると、
今大会の決勝では強く感じました。

これは、漫才、お笑いに限らず、今後いろんな分野で起こること、
もうすでに起こっていることかもしれません。

M-1も別の形を模索するようですが、自分の仕事においても
常に先を見据え、次の動きを考えておく必要があるとあらためて
思いました。 e.m.