キーワードは「自分ごと」

販促物、特に店頭ツールの表現についていえば、
従来、ブランド名や特長、商品ベネフィットが、比較的直接的に
分かりやすく表現されるということが鉄則だったと思います。
しかしながらこのところ、少しそれが変わりつつあるのかもしれません。

商品のイイトコロを、一方的に訴えていても消費者は
買う気にならない。それは基本的に、自分ごとに捉えられないから。

消費者にいかに「自分の生活の中での利用シーン」「自分にとって
の必要性」をその場で想起させられるか、というのが販促物の表現
に求められてきているのかもしれません。

その考えで、表現について検討していく必要が今後は重要だと
感じています。

t.k