「チョイ足し」「裏メニュー」感の演出

先日青山にごはんを食べに行った。 メニューがパウチ加工をされた手作り風のもので、


・○○パスタ+△△=●● ・○○ピザ+▲▲=□□
といったように、「チョイ足し」「裏メニュー」感を演出した メニューになっていて、お客様に飽きさせない工夫を感じた。
自分たちの仕事の中で、あるいはメーカー・流通の判断する領域に なるものも多々あるが、このメニュー作りのように ユーザーが何を求めているかを考えて、諦めずに提案をしていき 自分たちで領域を狭めて考えないようにしていくことが大事だ、 と気づいた。
e.m