靴下まで洗ってくれた旅館

社員旅行で訪れた旅館でサービスについての気づきがあった。
普段生活をしている中で様々なサービスをうけている。 しかし不満などが無い限り普通のサービスでは印象に残らないことがほとんどだと思う。
社員旅行で行った、稲取銀水荘さんはおもてなし部門13年連続全国「第一位」ということもあり、サービスを楽しみにしていた。 旅館について、早速靴下を洗ってくれるサービスをおすすめしてくれた。
面白そうだなと思いお願いしてみたら、翌朝「心をこめまして」という紙に包まれ、 洗われた靴下が朝刊と一緒にとどいた。
部屋のメンバーと、汚れたものを持って帰らせないためのサービスだろうという話になった。
このサービスを受けた人は「汚れた靴下まで洗ってくれた旅館」として心に残るだろう。 お客さまにいいイメージを強く印象づける為にやっているのだろうと思った。
このサービスを体感して、仕事においての個人の印象、会社の印象、提案の印象など相手に良い印象を強く残すことが大切だと思った。 y.t