相手を巻き込む本気

一緒に仕事をしているスタッフの方から、
「ご担当者がとても一生懸命で、その人の為にもなんとかしてあげたい」
ということを言われた。
おー、そかそか、やったろか、がんばろか。という気分になるわけで。 担当者の好き嫌いで仕事をするわけじゃないので、
もちろんそうじゃなくても基本、頑張るわけですが、
クライアントの熱意や本気度が伝わると、なんとかしなきゃな、と
びびっとするんだと思います。 我々はイラストレーターさんやデザイナーさん、印刷会社さんなど
外部の方と仕事してるわけです、そういう方々にとっては私たちが発注相手ななおで 例えば僕が真剣に困った状態で何か相談した時に、 「おし、あんたのためにちょっと頑張ったる!徹夜したる!」 と思ってくれる人って、どのくらいいるかなーと考えると、
うーむ、ちょっと自信がなくなってきます。 そのへんは、対「会社」より対「個人」という考え方になると思うから、個人としての 魅力を高めないといけないなーと。 常日頃、外部の人にもそういうことを思ってもらえるような接し方、仕事の仕方
をしないといかんなー、と思うわけで。と、同時に、そういう関係を築けないと
(もしくは、そういう気持ちをもってやってくれる人がいないと)難しい仕事ってきっと、
うまく回らないのだろうと思います。 k.t