心の壁

先日TVである登山家の夫婦のドキュメンタリーをやっていた。
奥さんは50歳くらい、旦那さんが47,8歳くらいだったのだが、
奥さんは以前の登山で、凍傷のため両手の指がなく、
旦那さんも何本か指がない状態。
そのような体での登山を一度はあきらめたということだった。
が、やはり雪山に対する強いあこがれがあり、再び挑戦をしているという内容。 体にハンデキャップがあり、年齢的にも若くはないご夫婦だが
挑戦する強い気持ちがあり、心を打たれた。
心に壁を作っているのは自分自身であり、その壁を
超えるのも自分の心次第であると、強く心に感じた。 仕事においても、もう年だからとか、過去の経験に囚われ
どこかに壁を作っているのではないか?と自問した。
やはり、いつでも、壁を越えて挑戦していきたいし、
皆さんにもそうしていってほしいと思う。 k.a