深夜の買い物客

最近最寄り駅前のスーパーが深夜1時までの営業を開始した。
私も会社帰りに立ち寄るが、あまり買い物はしていない。
ほかの客を見ていても、あまり買い物しているようには見受けられない。
となりにあるコンビニエンスストアは、繁盛しているのに。
考察するに、遅い時間帯に帰る人々は、
帰宅後簡単に食べることができる弁当や惣菜を求めているのに、
スーパーではその時間帯にはそのほとんどが売れ切れているためのように思える。
横並びのサービスで、深夜営業をしているのだろうが、
その中身が中途半端な感じである。
ただただサービスを提供するだけでなく、
そのサービスの中身、客が求めているモノやコトを考えて行動しなければいけない、
と考える切っ掛けになった。

h.t