自分の言葉で

最近、セミナーに通い、
最前線の若手ディレクター・ベテランADの講座を受けているのだが、
自分の中で、彼らの話で何か共通項はないかという点を重視して聞いている。

3~4人の講義を受けて感じたことは、講師は「話しがとてもうまい」ということ。
クリエイターは話し下手な人が多いイメージがあったが、
彼らはそんなことはなく、デザインの説明を、感覚的に自分の言葉でうまく表現している。
説明が難しいデザインでも、彼らは分かりやすく伝えているのだと感じた。

最近読んだ雑誌で、グッドデザインカンパニー・水野学氏の記事を読んだが、
彼は「素晴らしいデザインを作るよりも、素晴らしいデザインを世に出すことの方が難しい」と言っている。

自分としても、クライアントに対して、分かってもらえるような提案をして、
納得してもらい、採用してもらえるように心がけたいと思いました。

y.t