catch-img

発信したいメッセージに合った人選

『グレイヘア(白髪を染めずありのままのヘアスタイル)』で
注目を集めたフリーアナウンサーの近藤サトさん、
『爆毛赤ちゃん(地毛)』の愛称でインスタグラムで
話題になったbabychanco(ベイビーチャンコ。

これらのモデル2人は、パンテーンの広告で

2018年に髪の毛で話題になった方々です。

パンテーンのブランドコンセプトは、
『美しい髪によって、女性が一歩前に踏み出す勇気をサポートする』ことを
フィロソフィーとして掲げ、常に女性の飛躍を後押しするブランドであり続けたい』
 
美しいロングヘアや個性的な髪型をしている人(レディ・ガガなど)を
起用してもこのコンセプトは表現できる気がしますが、


ありのままの姿で「美しい」「可愛い」2人を起用したこの広告からは、
『パンテーンはありのままの美しさを表現することを応援してくれる』
というメッセージを感じました。
(「さあ、この髪で行こう。」というコピーも含め。)
 
日本の広告でモデルを使う際、
『話題の人・旬の人』を使う傾向がある(言い換えれば誰でも良い)と言われていますが、
今回のこの広告は発信したいメッセージに合った人選だし、
すごく素敵なメッセージを発信していると感じました。
 
このように人選1つでブランドイメージは左右されるものなので、
時代の流れ・人々の思考・流行りのコト&モノetcの情報を常にインプットし、
いつでも最適なものをアウトプットできる力をつけることも
ブランディングには大切なんだろうなと思いました。
 
 
 
▼ご興味がある方は下記もご覧ください。
 
近藤サトさんがグレイヘアを選んだ理由
https://joshiana-room.com/free/1031/
 
爆毛赤ちゃん
https://www.instagram.com/babychanco/?hl=ja


F.S