catch-img

消費後のコミュニケーション

meijiのホームページにこうさくハウスという

meijiのお菓子の箱を利用した工作物の作り方のページがあります。

つくりかたはPDFで印刷できるようになっていて、

制作時間は5分から長いものは、なんと3時間以上かかるものまで。

わりと複雑なものもあり、一概にお子様向けとは言えませんが

お菓子を食べたあとも空き箱を使って親子や友達、 ひとりでも

楽しめるような工夫になっています。

以前ロッテのチョコパイがイラストレーターの中村佑介氏とコラボし、

童話コンセプトの舞台を作れるパッケージを展開していましたが、

それとはちょっと違って、こちらは既存のパッケージはそのままに

今あるものに対して工作という新たな価値を加えていた事案でした。

 提案するときに、なにかと新規で作ると考えてしまいがちですが、

今あるものを使ってなにかできないか・新しく見せられないか

という視点も 常に持ち合わせていかなければいけないなと

改めて感じました。

meiji:こうさくハウス

 https://www.meiji.co.jp/sweets/okashi-land/kousaku/