catch-img

ロングセラー商品のパッケージ・ロゴ

知らない人は多分いないチキンラーメンですが、

1958年に発売して、ちょうど60年経つそうです。

60年愛されて続く製品って本当にすごいなと思っていました。

世界で初めてのインスタントラーメン、というのは有名な話だと思いますが、

発売当時のパッケージは袋に中が見える窓がついていて、

インスタントラーメンが浸透していない時代に、どんな製品か

わかるように 工夫されていたようでした。

また、初めからオレンジのボーダーは一貫していて、

2代目のパッケージにはもうなんとなく今のパッケージを

想起できる書体にもなっていて、 それがずっと続いているようです。

最近では金麦とコラボして「チ金麦鍋」という企画をしていますが、

このネーミングが私は結構好きで、響きもよくて面白いなと思いました。

オレンジのあの書体で「チ」って足されているだけで、 チキンラーメンだ、

と自分が認識できていて、 そのように潜在的に認識させられる

パッケージやロゴってすごいなと改めて感じています。

普段私はチキンラーメンを食べてなかったのですが、

チ金麦鍋は、やってみたくなったので、

そんな企画を、こうした企業間コラボも含めて広く、

提案できたらなと思った事例でした。

H.I