catch-img

ボーダレスな時代

先日、金沢旅行に行ってきました。

ここ数年、海外からの観光客が増えているという事が、以前から話題に

なっています。

今回の旅行でも外国人観光客の方がたくさんいたのですが、

特徴的だったのが、2人〜6人くらいの少人数(恋人・夫婦・友達)で

旅行する方(FIT)が多かった事です。


団体ツアーと違い、通訳をしてくれるガイドさんがいないので、

バス停が分からなかったり、 場所の名前が読めなくて困っている方が

たくさんいました。

観光名所の方々は英語をマスターしていたり、

観光地の表示には英語・中国語・韓国語が表示されていましたが、

様々な国の方がいますし、

バス停などはまだまだ整備がおいついていませんでした。


その場合、外国人の方は道行く人に話しかけて聞いているようでしたが

(私も韓国の方に聞かれました)、なにしろ言葉が分からない。。。


という時に役立つのが、話題の翻訳機!!

ili(イリー)やポケトークなどはメディアでもかなり取り上げられ、

地域によってはお土産屋さんに試験導入されたりしています。


数年前までの翻訳機から劇的に進化していて、

音声認識の正確さが上がった事はもちろん、

かなりの長文もあっという間に訳して、内容も正しい。

(細かいニュアンスが違っている場合はあるようしたが)


今回の金沢旅行中に観光地やお土産屋さんで、

翻訳機を使っている場面は見かけませんでしたが、

上記のようなツールを使う事で、外国人の方も、もっと日本を楽しめて、

私達が海外に行く事も、さらに気軽になる時代が来ています。

ボーダレスな時代が来ているな、と感じた旅行でした。



F.S