老舗の売場に学ぶ



銀座にある老舗文具店「伊東屋」が
6月に新装オープンしたので行ってきました。
以前より売り場は縮小されていたのですが、
空間をゆったりと使い、商品が見やすく配置されていました。
文具は小さいため
ごちゃごちゃした売り場になりがちですが、
「伊東屋」は厳選した品を扱っているためか
商品一つ一つの魅力がしっかりわかります。
そして何より他店にはない品揃えに高い付加価値を感じ、
買った後の気持ちまで想像できるような商品ばかりでした。
私たちの仕事でもクライアントの商品を売場で見たお客様が
その商品を使うシーンや気持ちを想像できるようなメッセージを
発信していくことが大切です。新しい「伊東屋」は、
おしゃれなカフェなどもある素敵なお店でした。
ぜひ立ち寄ってみてください。

k.a