北千住駅の騒動に学ぶ


最近東京メトロで、北千住駅の駅名表示板が
“千”ではなく“干”で「北干住駅」になっていたという
誤植問題が騒がれています。

妻と一緒にこのニュースを見て、この件の責任は誰にあるか
ということについて話をしました。

このような間違いが起こる原因を考えると、
簡単な文字だから制作者自身で入力をし、文字を打ち間違えた。
他にも、日本語が分からない外国人の方が担当して、
“千”と“干”が似ているため間違えたなど色々と原因は考えられます。
今回のことに関して原因は分かっていませんが、
このような単純な作業であったとしても
内部だけでなく外部にも確認を促したり
複数人でチェックをするなどミスを起こさないための
体制づくりを心がける必要があると思いました。
k.s