相手を思う、少しの気遣い


私の自宅最寄り駅の駅員さんは、
朝と夜に必ず挨拶をしてくれます。
夜遅く帰ってきて駅員さんの
「お疲れさまでした」という
挨拶を聞くとホッとします。
駅の利用者に挨拶をするという
駅員さんの習慣は、会社としての取り組みか、
個人的な取り組みなのかは分かりませんが、 こんな少しの気遣いで、 利用者に与える印象も変わってくるんだと感じています。
ささいなことも、相手のことを考えた気遣いができる 個人・会社でありたいと思っています。
k.t