信頼という付加価値


先日、我が家で食べたご飯が
美味しくなったのを感じて母に聞いてみると、
炊飯器を新しい物に買い換えたとのことでした。 購入した店は昔からお付き合いのある地元の電気屋。
高品質な炊飯器のため値も張ったようです。
しかし、母は購入の際に店の方から
「値引きします」と言われたにも関わらず
それを断り、正規の価格で購入したと話していました。
今の時代はインターネットを活用したり
大型家電量販店で価格比較をすれば、
同じ品でも安く購入することが容易にできます。
今回のような買い物の仕方は
一見もったいないように思いますが、
このような購入をしたのには理由があったようです。
我が家の電化製品は
ほとんどがこの電気屋で購入した品で、
買った品が故障したときはもちろん
ちょっとした困りごとにも相談にのってもらえるなど
対応がとても良く、信頼しているお店なので
正規の価格で購入したということでした。
自身の関わる仕事でも、見積もりの価格など
常にさまざまな観点から比較される対象となりますが、
母の話を聞いて、お客様から頼りにされる営業になれば、
価格だけではない信頼という付加価値の部分で
もっと評価していただき、良好な関係性を
築いていけるのではないかと思いました。 k.s