最良のパートナーとなるために

私はここ何年か同じ美容室を利用しています。
それは、担当の美容師さんが、
私の髪質、つむじの場所や数まで理解してくれていて、
要望を伝えなくても、いつも気に入る髪型に
仕上げてくれるからです。

先日、とある理由からいつもとは違う美容室へ
行くことになりました。
初めて担当する美容師さんなので、
要望はもちろん、髪質やつむじのことなど
1つひとつ伝えた上で施術してもらいました。
しかし結果は、満足とはほど遠い仕上がりに。
もちろん美容師の技量に問題があったのかもしれませんが、
伝えたはずの要望がちゃんと伝わっていなかったことも
考えられます。
いつも行く美容室で施術しなかったことに、
後々になって後悔しました。
この時に気づいたのは、
いかに相手を理解し、要望に適切に応えることが重要で、
顧客満足の向上やリピートにつながるか、
ということです。
私たちの仕事で例えるなら、
クライアントが弊社以外の会社と仕事をした際に
「フィードじゃないと駄目だ」「やっぱりフィードにお願いしたい」
と思っていただけることは、相手の要望をくみ取り、
しっかり伝え、応え続けてやっと生まれてくる結果かと思います。
この出来事を教訓に、
普段から何を求められているかを適切に理解して
クライアントから最良のパートナーだと思ってもらえるように
日々努め続けていきたいと思いました。 t.k