顧客目線を忘れずに

生まれて10カ月になる娘を連れて、週末に買い物へ出かけることが
楽しみの1つになっています。
平日はほとんど妻と娘の2人で出かけているのですが、
重いベビーカーでの移動が大変という話を聞いて
セカンドベビーカーの購入を検討しはじめました。

WEBで色々と調べていたところ
あるお店で試乗会を開いているとの情報が書いてあり、
足を運んでみることにしました。
ところが、お店に行っても
試乗会らしきイベントはやっていませんでした。
店員に聞いてみたところ、
試乗会は全国の店舗で順次スタートするらしく、
私たちが行ったお店は
まだ先の開催になると言われてしまいました。
WEBで調べたときにしっかり内容を確認しておけば
あらかじめ判明した情報かもしれません。
しかし、見逃してしまったということは、
その掲載ページ自体が分かりづらかったのが
原因だった可能性も考えられます。
私たちの仕事においても、万が一分かりづらかったり
勘違いさせてしまう表現を使用してしまうと、
同じような思いをお客様にさせてしまうかもしれません。
未然に防ぐためにも、顧客目線を忘れずに、
分かりやすい表現で、間違いなく正確に情報を伝えることに
常日頃から注意しなければならないと再認識した出来事でした。 s.t