下調べが勝敗を左右する

宣伝会議の企画書・プレゼン講座に通わせてもらっています。
その中で講師の方がおっしゃっていた
「プレゼンをする前、どれだけ下調べが大切か」という事例を紹介します。 何年か前、今は当たり前のように使われている
「コロコロ」と呼ばれるローラー式の粘着テープ
が発売されるにあたっての広告を提案したそうです。
その時のキャッチフレーズが
「もう掃除機はいらない。」
(という感じのコピー) クリエイティブも本当に素晴らしいものができて
自信満々にプレゼンしたが、反応はいまいち…。 なぜだか分からずもう一度、企業情報からきちんと見ていったら・・・。
クライアントの取引先に掃除機の大手メーカーがいくつもあったのです。 それなのに掃除機はいらないと提案しても通るわけもなく。
クリエイティブに何人もの人が関わってきたにも関わらず、
誰一人それに気づけなかった。
わかっていればはなからそんな提案をしなかったわけで。 私も事前の下調べを大切にしてきたつもりでしたが
下調べ+情報の共有は本当に重要だと改めて実感しました。 i.n