納得の源

輸入化粧品の代理店をしている知り合いがいます。
70歳の人が20歳代の肌になる化粧品を売っているようです。
うさんくさい。私が客なら絶対に買わない!と思っていましたが、
その商品の臨床データの話や
代理店のシステム、その化粧品会社の格付けなど
ベースになるものの話を聞いたり、
その人の商品に対する愛情、仕事に対する真剣さ
をわかった時に、本当にこの商品はいいのではないか?
使ってみようかな?と思うようになりました。 最初の商品に対する印象とは真逆です。 これはプランナーという仕事にも通じるところがあります。
商品の特徴をならべるのではなく
データなどできちんとベースを作り、
商品に愛情を持って真剣に取り組む。
そうすればより消費者を納得させられるものが
できるのではないかと思いました。 i.n