質が問われる 選別の時代 

最近、食の安全のニュースをよく耳にしますが、
野菜やお米を“お取り寄せ”する主婦の話題をTVで見た。 その主婦は、お取り寄せするだけではなく、自分の足で農家に出向き
自分の目で確かめて買うということだった。 その主婦は、情報をすべて信じるのではなく
自分で確認しないと、安心できないと話していた。
情報が簡単にいくらでも手に入る今、消費者が情報を
選ぶ時代が来たことを感じた。 私たち広告する側も、キレイ、わかりやすい、目立つ
といったデザイン要素にくわえ、消費者にとって
“誠実で信憑性がある情報”といった
項目がより重要視されるのではないかと感じた。 s.m