catch-img

ちょっとした気遣いが大きな安心を生む

先日、スマホ(iphone)に不具合が起きたので、

携帯ショップに行ったところ、こちらでは対応できないとのことで、

アップルのサポートセンターのフリーダイアルを紹介されました。


以前、なかなか電話が全然つながらなかったりと

アップルのサポートにあまりよい印象を持ってなかったのですが、

今回はすぐにつながり、不具合の箇所と状況を伝えると、

「明日からお仕事で使用できないのはお困りでしょうから、

できる限りサポートをさせていただきます」と、とても丁寧な応対。


その後、30分以上に渡って対応してもらい、

不具合も解消したので電話を切ったのですが、

サポートセンターの終了時刻を過ぎた後、

「その後問題等は起きていませんか?」と、あらためて電話を

かけてきてくれて、最後までこちらを気にかけてくれました。


サポートセンターとしては、

マニュアル通りの対応だったのかもしれませんが、

こちらの心配や不安を汲み取った、ちょっとした気遣いの言葉が

あることで、とても安心感を得ることができました。


昨今当たり前に言われている、

効率化や生産性というのももちろん大事ですが、

仕事はやっぱり人と人がやるものなので、まずは相手の立場に立って考え、

相手のために行動するということを

忘れないようにしようと、あらためて思いました。


M.Y