catch-img

広がり始めたライブコマースの可能性

先日、久しぶりに前職の繋がりで商業施設の販促担当の方と食事をしてきました。
やはり話題に上がったのは、コロナ下での販促について。

今、商業施設で話題の施策として、
ラフォーレ原宿にて行われてた「ラフォーレロングバザール」の特別企画で
ライブコマースサービス「HandsUP (ハンズアップ:公式ウェブサイトhttps://handsup.shop/)」
を活用した、ライブショッピング企画を教えていただいました。
■参考URL:https://sc-network.jp/article/548/

改めてHandsUPの機能を調べると、匿名で配信者に向けて質問ができる等、
周りの反応を気にしがちな方にも配慮した機能もあり、
セミナーや講演会のリアルイベントでも
活用されていることが分かりました。
■参考URL:https://it-meshi.com/it-handsup/

数年前から中国でインフルエンサーがライブ配信によってPRする手法が紹介されていましたが、
PRするだけでなく、イベントでも活用できるようチケット発行や投票機能、配信データ分析も
備わっており、今後の非接触系イベントの可能性を広げられるツールに感じました。
■イベント実例:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000142.000030133.html

非接触に意識が高まる時代ですが、鮮度の高い情報を得るにはやはり積極的な接触、
コミュニケーションが必要と改めて実感しました。

コミュニケーションの方法に制限はあるものの、人との繋がりには制限をかけず、
鮮度の高い提案ができるように努めていきたいと思います。 

N.M