catch-img

替えのきかないコンテンツの力

映画が大好きな自分ですが、コロナ禍に家にいる時間が増えたこともあって
最近はVOD(ビデオオンデマンド)配信系のコンテンツを見る機会が
圧倒的に増えました。

もともとamazonプライムやyoutubeなど
お手軽系の動画配信は日常的に利用していたものの
映画という視点ではどちらかというと若干ネガティブに捉えていました。

定額であれ無料であれ動画配信はとっても手軽な反面、
見放題ゆえ倍速再生や飛ばし観してしまったり、途中でやめてしまいやすかったり
なんとなく作り手に失礼な気がしていたり
先々、良い作り手がいなくなってしまうような危機感を勝手に持っていました。


そんな中、
最近、ディズニーのVODである「ディズニー+」で配信されている
スターウォーズのオリジナルドラマがとても好評で
SNSなどでも話題になっていますが
あまりの高評価にジワジワと気になり始めていました。

ルーカスフィルムがディズニーに買われて以降
スピンオフを乱発するディズニーにもなんとなく抵抗感があって
少し冷めた目でひねくれながら傍観していたのですが
ここに来てオリジナルシリーズの主人公を登場させるという
とっておきの禁断の切り札に我慢の限界に達し
そのシーン観たさにまんまとディズニー+加入してしまいました。

観始めてみると、ドラマとは思えないほどのまるで映画のような
本気のクオリティに驚き、
オリジナルシリーズに対するスタッフの深い愛情とリスペクトを感じたり
メイキングシーン、未公開シーンも含め充実したオリジナルコンテンツを
隅から隅まで観ていたり、最近ではディズニー+だけでなく
NETFRIXも合わせて動画配信を楽しんでいます。
(NETFRIXのオリジナルドラマで「コブラ会」という「ベストキッド」の続編がツボです。)

こんな私の考えや行動を180度すっかり変えてしまう
オリジナルコンテンツの魅力とSNSの効果に驚いています。

替えのきかない核になるコンテンツ、
他にないそこでしか手に入らないモノの価値って本当にスゴイ!
と改めて感じるこの頃でした。

T.Y