人気記事ランキング

タグ一覧


catch-img

次の世代へのバトンタッチ

みなさん、京急の駅名募集コンテストをご存知でしょうか?http://www.keikyu.co.jp/information/cp/ekimei/index.html駅の目の前の通りから、名前を取った「産業道路駅」という駅があるそうですが駅の地下化に伴い、この道路とのゆかりが薄くなることが、コンテストのきっかけのようです。ただこの駅名だけでなく、京急沿線の実に46駅が、募集対象。ゆくゆくは他の45駅も、名前を変えることを検討するそうです。(そんなに変えていいのかなあ、という気もしますが…)

記事を見る

catch-img

事業方針と商品のブランディング

森永製菓の「in ゼリー」、皆さんご存知かと思いますが実はこの「in ゼリー」、今年の3月からの商品名でその前までは「ウイダーinゼリー」でした。「ウイダーinゼリー」の方が馴染みのある方が多いのではないかと思います。なぜこのタイミングで商品からウイダーの名前とロゴを削ったかというと、これから全社的に健康系の事業に力を入れていこうとする中で、中心的な商品となるインゼリーにエンゼルマークを付けて、森永ブランドの認知向上と図っていきたい、という考えがあったからだそうです。

記事を見る

catch-img

ボーダレスな時代

先日、金沢旅行に行きました。ここ数年、海外からの観光客が増えているという事が以前から話題になっています。 今回の旅行でも外国人観光客の方がたくさんいたのですが、特徴的だったのが2人〜6人くらいの少人数(恋人・夫婦・友達)で旅行する方(FIT)が多かった事です。団体ツアーと違い通訳をしてくれるガイドさんがいないので、バス停が分からなかったり、場所の名前が読めなくて困っている方がたくさんいました。

記事を見る

catch-img

デジタル時代のスポーツ

2020年東京五輪もあってか、話題になり注目度の上がっている「eスポーツ」。「スポーツ」と聞いて思い浮かべるフィジカルな運動ではなく、「e=エレクトロニック」、つまりコンピューターゲームでのスポーツでその腕を競い合うことです。スポーツに疎い僕でも耳にし知るくらいなので、皆さんもとうにご存知かもしれないですね。 つい最近のアジア大会でも、このeスポーツが公式競技として行われていて日本勢は人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン」で金メダルを獲得したとのニュース。東京五輪までにどうなるかは分かりませんが、オリンピックにおいても正式種目とするかの検討まで始まっているそうです。

記事を見る

catch-img

長年愛されるお店の秘密

皆さんは北は北海道、十勝帯広市にある六花亭という製菓会社をご存知ですよね。そう、マルセイバターサンドの会社です。私の田舎ではいくつか製菓会社があり、どこもそれなりに人気はあるのですが(柳月というお菓子屋も地元では有名です)その中でも六花亭のそれはやはり断トツです。基本、土産や挨拶の品、お盆の墓参りのお供えに至るまで地元でも六花亭買っとけば間違いなしなのでだいたい子供の頃からそばにはいつも六花亭のお菓子がありました。

記事を見る

catch-img

ファンに夢を見させる

みなさんもご存知の日本ハムファイターズの本拠地移転。本拠地移転を機に、ベースボールパーク構想が計画されています。野球を観る場所という概念を取っ払い、行くことが目的となるようなスタジアムを作りたいという意識のもと進められています。

記事を見る

catch-img

ビジネスやコミュニケーションにおけるネーミングの大切さ

プライベートでチャイルドコーチングの勉強をはじめたり、マーケティング本を読んだりして改めて認識したことがあります。 それは、自分の考えや理論を説明する場合の”ネーミング”の大切さです。たとえば、「コーチング」という理論の中には色々なスキルがあり「傾聴」「ペーシング」など名付けられていて、そのわかりやすいキーワードを頭に置きながら実践することで、「コーチング」の成功率が高まり、理論についての信頼度が上がります。

記事を見る

catch-img

時間がかかるからこそ価値がある

みなさんは去年の6月に原宿にオープンした、  ROLL ICE CREAM FACTORY(ロールアイスクリームファクトリー)というお店の ロールアイスという食べ物をご存知でしょうか。 ロールアイスとは、タイ発祥の屋台スイーツで、 鉄板を冷やしながら、液状のアイスクリームをうすく延ばして固め、 くるくる巻いてロール状にしたイマドキなアイスクリームのことです。 このお店のアイスがオープン当初から注目されており、テレビやWEB上で話題となっていました。 注目されている点は、 カスタマイズできることと、バリエーションの豊富さだそうです。 アイス、アイスにミックスするスイーツ、トッピング、ソースを それぞれ選べ、「自分だけのスイーツ」をつくることが可能。 アイスはバニラ、チョコ、グリーンティー、ストロベリーなどの 定番フレーバー4種に加え季節に応じたフレーバーなど。 このように珍しくてかわいい、自分だけのスイーツを 作れるところが大きな魅力となっています。

記事を見る

catch-img

時代に合わせたパッケージ

ベビー用品専門店のアカチャンホンポで売っているPBのおしりふきについて紹介します。 私含め、お子さんのいない家庭では縁遠いと思いますが、 (アカチャンホンポ自体も、私も赤ちゃん関連商材の仕事をするようになって初めていきました) 日々オムツ替えをする人には”おしりふき”は必須アイテムだと思います。 そんなアカチャンホンポで売られていたおしりふきのパッケージにあった表記が、 削除されることになったそうです。

記事を見る